沖縄県那覇市・北谷町 宅建専門学院・FP学院│宅建 FP(フャナンシャルプランナー)

宅建専門学院 FP学院

  1. トップ
  2. 宅建の資格

 当学院は小さな学校ですが”合格”することを最大の目標として、カリキュラムの設定や講義を行なっています。そのため、合格率はかなり高い方だと思います。講義の出席率が8割以上で家庭での勉強をコンスタントにこなせる方であれば初めての方でもほとんどの方が合格しています。
 受講料が高いと思われる方がいるかも知れませんが、将来への投資だと思えば、決して高くはないと思います。”合格”してこその宅建なのです。
 皆様の来校をお待ちしております。

当学院の特徴と実績

当学院の特徴


◎令和3年度募集中!  

”機先を制する者は勝つ”


● 初めての方

 基礎からじっくり やりますので、まったく初めての方でも安心して合格できます。
 当学院で初めて学習された方のうち、当学院の合格者の6割~7割が初めての方です。

● 独学の方

 現在の宅建の試験は年々レベルアップしていますので、なかなか独学では合格がむつかしくなっています。
 当学院では試験に出やすいところを重点的にポイントをしぼってやっていますので、合格率が高いのです。確実に合格するためには、今の時期からでしょう!
 独学でなかなか合格できない方でも当学院で学習された方は40点以上の高得点で合格しています。

● 通信教育の方

 しっかりと勉強できる方で時間的にゆとりのある方でしたら通信もいいかも知れません。しかし、一人での勉強はなかなか大変で継続することもむつかしいです。
 当学院では生の講義で質問等もできますので、疑問も解決できます。少人数制ですので静かな環境で勉強できます。
※現在、通信教育を受けられている方は当学院の合格率の高い通学講座と組み合わせることで合格の可能性が高くなります。

● 仕事をしている方

 仕事が忙しいために3、4ヶ月前から勉強を始めたりする方がいますが、結果としては不合格が多いようです。
 理由としては仕事が忙しいために講座を休んだり、予習・復習をしなかったりと勉強をあまりしないことにあるようです。
 期間が短いと挽回もむつかしいのですが1年以上の期間ですと何回か休んだとしても大丈夫です。忙しい方ほどぜひ今の時期からやるべきだと思います。

● 他の学校に
  通ったことのある方

 合格するための勉強方法はさまざまだと思いますが、学校の講座のすすめ方もさまざまだと思います。
 学校にはいったものの、なかなか勉強が思うようにいかない、合わないということはよくあると思います。
 当学院では少人数の生講義でやっていますので受講生の理解度や得意、不得意も考慮にいれて質問等を受けていますのでしっかりと確実に前進することができると思います。
 実際に入学してみると他の学校との違いがわかると思います。成績が徐々に確実にあがっていくと思います。

● なかなか合格しない方

 最近の宅建試験はレベルが年々あがっているし、合格ラインも高くなってきています。 なかなか1回では合格しない状況になっています。 当学院においては3、4回失敗している方でも1発で合格しています。 なかには8回連続で失敗した方も当学院に通って1回で合格しました。
 "時は金なり"と申します。 合格するための手伝いをさせて下さい。 お待ちしています。

◆今年はコロナ対策を徹底し、講義の方も基本的なところと重要なところを徹底したために、合格率も70%を超えました。特にSコースからは40点以上が多数でています。

2020年度の試験と2021年度の対策

○総評…
 今年(2020年度)の試験は昨年度に比べると、全体的に少しやさしかったように思う。民法は改正されたものが多くでるかと思ったが、意外にも少なかった。
制限法や宅建業法も比較的やさしかったように思う。基本ポイントや重要なところをしっかりやった者はできたんではなかろうか。
当学院においても40点以上は多数でました。
合格ラインは38点以上からでした。(令和3年1月4日)
民法  民法からは、袋地における通行職、保証が2問、賃貸借、債務不履行、委任、錯誤、取得時効、売買契約と贈与契約、それから相続と出ていたが毎年出ている抵当権からは出題がなかった。2021年の対策としては2020年度の問題の再チェックと抵当権や制限行為能力者、代理、弁済・相殺等もしっかりやるといいだろう。それから改正点も要注意だ。
民法関連  借地に関しては期間や対抗問題等が出ていた。借家に関しては賃料の増減や定期について出ていたが、だれが賃貸人なのか賃借人なのかうっかりするとマチガエルような問題が出ていた。民法の事例問題等は図を書くようにしたい。区分所有に関しては共用部分について出ていた。来年は規約や集会等もやるとよい。登記はいろんな内容から出ていたが申請方法や保存登記等もやるとよいだろう。
制限法  都市計画法からは総合問題と開発許可が出ていたが比較的やさしい。
建築基準法からは単体規定の数字や集団規定のいろんなところから出ている。
来年は建築確認や建築協定等も勉強しよう。宅地造成等規制法、区画整理法、農地法、国土利用計画法は基本的な内容だった。
税法等  地方税からは不動産取得税、国税からは印紙税、税金以外からは鑑定評価が出ていたが例年並みだった。来年は固定資産税や登録免許税、所得税、地価公示などを中心に勉強するとよいだろう。
宅建業法  業法は20問と出題数の4割を占める。ここで点数を取ることが合格するためのポイントだ。今年は個数問題も4個と少なく組合わせ問題も出なかった。監督・罰則も出なかった。来年は出るだろう。
業法はほとんどのところから出るからきっちりやること。特に、35条、37条、8種制限等はしっかりやるようにしたい。
免除科目  5科目とも例年並みでした。ここはしっかりやっておくことが大切。
民法のムツカシイ問題もここの問題も同じ1点です。

〇当学院では問題を徹底的に分解・分析し、それを基に各分野で最重要項目と重要項目に絞り、講義に生かしているので比較的、講義で習ったところは試験問題に出やすいのです。しかも、何度も繰り返し行なうので、覚えやすいのです。
〇早い時期から始めると回数も増えますから有利ですし、早い時期から始める人ほど合格率も高いのです。

ギャラリー(学院内の様子)

合格











当学院合格率
63%

 平成28年・・・

45点 N・Tさん(女性・30代・主婦・初めて)
45点 D・Iさん(男性・20代・会社員・初めて)

当学院合格率
66%

 平成29年・・・

47点 I・Hさん(男性・40代・会社員・2度目)

当学院合格率
65%

 平成30年・・・

45点 N・Gさん(女性・30代・主婦・初めて)
45点 N・Sさん(女性・30代・会社員・初めて)

当学院合格率
68%

 令和元年・・・

45点 Y・Mさん(男性・30代・会社員・2回目)
44点 T・Kさん(男性・30代・不動産・初めて)

当学院合格率
71%

 令和2年・・・

45点 E・Nさん(女性・30代・主婦・初めて)
45点 H・Hさん(男性・20代・不動産・初めて)


※令和2年度の合格点は38点からで、合格率は17.6%でした。
当学院では45点を筆頭に40点以上は10名以上いました。


※令和2年度の合格率は70%を超えました。


・合格者のほとんどが初めての方です。
・合格者は全員、当学院の合格カリキュラムに沿って生の直接講義を受けた方です。
※合格者の職業は、不動産業、建設業、金融業、保険業、観光業、飲食業と多種多様で、あらゆる職種の方がいます。それから、主婦や、学生も多いです。


TSG(宅建専門学院)通信

◎ 2019年度の全国模試において当学院の受講生は
  9,636名中11番の成績でした。50問中47点で
  初めての方でした。
  他にも、当学院から10名ほどが受験しましたが、
  (35点~43点)でした。ちなみに平均点は30.7点で
  当学院の受験生は全員合格圏内でした。

◎ 当学院の令和2年度の本試験における合格率は
  71%でした。(5
年連続60%超)


※ まずは電話にて(TEL:098-851-3505)お気軽にお問合わせ下さい。


  Sコース(特別コース)・・・

 初めての方やどうしても一回で合格したい方のための講座です。合格者のよく使う参考書や問題集も提供いたします。それから、試験前の直前3ヶ月間(7月~9月)には合格のための特別講座を行います。(合格率は7割~9割を誇ります。)

 Aコース(本科コース)・・・

 初めての方や独学の方でも合格できるように基本的なことや重要なところをポイントを絞って少人数制で生講座を行っています。(6割超の高い合格率を誇る講座です。)

○ 受講料 Sコース・・・

Aコース・・・ 14万8千円(入学金、教科書代込み。)

◆募集 Aコースは那覇校の朝コース・・・2名
         中部校の朝コース・・・1名

○ クラス
那覇校
朝クラス 月曜日・木曜日(10:00~12:30)週2回
夜クラス 月曜日・木曜日(19:30~22:00)週2回
中部校
朝クラス 火曜日・金曜日(10:00~12:30)週2回
夜クラス 火曜日・金曜日(19:00~21:30)週2回

 Jコース・・・

仕事が忙しくて学校になかなか通えない。コロナ禍のため外にはなかなか出ることが出来ない、こういう方々のために適したコースです。 ふだんは自宅で勉強し、2週間に1回は2時間ほど学校にきてもらい個別指導をうけてもらうシステムです。
 疑問点解決や勉強の進め方、重要ポイント指導等、当学院の高合格率ノウハウのつまった学習法です。 2週間に1回は顔を見て話せるので、安心して勉強できます。

○ 受講料 Jコース・・・13万8千円(入学金、教科書代込み。)
○ 期間 申込時~令和3年、10月の試験直前まで。
○ お問い合わせ
月・木(午前10時~午後8時)
水・土・日(午後1時~午後5時)
火・金(休み)
TEL・・・098-851-3505

中部校・那覇校とも説明・面談は那覇校の事務所にて行います。
中部校の教室は手狭なため、人員に限りがございますので、お早めに申し込まれることをおすすめ致します。

宅建とは?

宅建とは?

さまざまな業界で必要とされる資格

不動産を売買したり賃貸借したりすることは、特別な業種の限られた職種で行われるものではありません。どの会社でもオフィスを借りたり、自社ビルのために用地を購入したりと、通常の業務で不動産取引に携わることは珍しくなく、それだけに不動産取引に関する知識と経験のある人が必要とされることも多いのです。 宅地建物取引士は、不動産に関して、営業、企画・立案等、さまざまな事務を行うことのできる資格でもあるため、不動産業に限らず一般企業においても、宅建を昇進・昇給の判断材料としたり、資格手当を出したりすることが少なくありません。宅建はキャリアアップを図るために有効な資格といえます。

不動産業界において

不動産取引を行う事務所では、従業員5人につき1人以上の割合で宅地建物取引主任士を置くことが法律で義務付けられており、この人数が不足すれば業務停止処分を受けることもある。そのため、宅地建物取引主任士を確保する必要があり、不動産業界では試験合格者は優遇される。就職・転職の際に宅建資格がある人とない人との差は大きい。



一般企業において

サービス業や製造業等の一般企業においても、店舗や工場用地の取得、自社所有不動産の有効活用等において、不動産に関する知識が必要とされ、宅建の資格取得者は高く評価される。



金融業界において

銀行等の金融機関では、おもに不動産を担保として融資を行い、融資の際には不動産を評価する必要がある。こういった場合に、宅建試験の勉強で獲得した知識が役立つ。また、宅建試験の受験科目である民法(抵当権・連帯保証、相続等)や税金の知識も、業務上、一般に要求される。



他の資格取得の基礎として

不動産鑑定士、司法書士、行政書士、マンション管理士、管理業務主任士、ファイナンシャルプランナー(FP)等の資格は、宅建試験と試験科目で重なる部分があり、業務上も宅建業との関連性が高い。そのため、まず、比較的取得しやすい宅建を取得してから、他の法律系・不動産系の資格試験に挑戦する人も多い。



保険業界において

保険業界では、以前のように単に保険を勧めるのではなく、顧客の資産設計に基づいて、顧客1人1人に合った保険を紹介するようになってきている。日本では資産の大部分が不動産で占められているため、老後の資産運用や佳宅取得資金設計の提案をする際に相続や税金等の知識が役立つ。



日常生活において

アパートを借りたり、マイホームを購入したりする際に、宅建の知識が役立つ。取引する前に、不動産に関する知識がしっかり身に付いていると、安心して取引をすることができる。また、税金の軽減の特例措置を知っていれば、必要最低限の税金ですませることができる。



従業員の5人に1人は宅建主任士!

宅建業者(いわゆる不動産屋さん)では、事務所ごとに従業員の5人に1人以上の割合で専任の宅地建物取引士を置くよう、法律で義務付けられています(設置義務)。宅建業者において、有資格者はまさに必須の存在。宅建資格は就・転職の際の強力な武器となります。

Information

〒900-0025
沖縄県那覇市壺川2-13-41
上原ビル1F(MAP)
宅建専門学院:098-851-3505
FP学院:098-851-8112
受付時間:13:00~19:00

地域貢献活動

児童養護施設卒園者支援事業

地域貢献の一環として児童養護施設卒園者支援事業に参加しています。

詳しくはこちら